院長ブログ

DOCTOR’s BLOG

2020/02/18 白内障 白内障は両目とも手術しないといけませんか?

 白内障は両目とも手術しないといけませんか?と聞かれますのでお答えします。

 通常白内障の手術は、特殊な場合を除いて、同じ日に両目の手術をすることはなく、当院では片目を手術したのち、1週間後に反対の目の手術を行っています。

 両目の白内障の程度にあまり差がない場合は、両目の手術を同じ時期にしますが、両目の白内障の程度に差がある場合には、選択肢があります。一つ目は白内障が進んだ方の目の手術のみをする、二つ目は白内障が進んでいない方の目が見えて困っていないのであれば、両目とも手術をしない、三つめは両目とも手術をするというものです。どの選択肢を選ぶかは医師によって考え方が異なりますが、当院では白内障が軽いのであればなるべく手術しないという方針にしていますので、白内障が進行した目のみ手術をしています。当院で統計をとると、片目のみ手術をした患者さんが、両目とも手術をした患者さんの約二倍になっています。

 しかし、両目の白内障の程度に差があっても、両目とも同じ時期に手術した方がよい場合もあります。一つは強度の近視や、強度の遠視のために片目だけ手術をすると、ピントのバランスが悪くなってしまう場合です。コンタクトレンズでは問題ないのですが、眼鏡の場合は度数の差によりものの大きさが違って見えるため、眼鏡をかけるのがきつくなってしまいます。二つ目は、多焦点レンズを希望される場合です。多焦点レンズは、正直に言って片目だけ手術をした場合は見え方がはっきりせず、両目とも手術することで、両目の視力を合わせてはじめてよく見えると言えるからです。

 このように人それぞれ状況が違いますので、医師とよく話し合って決めてください。