院長ブログ

DOCTOR’s BLOG

2019/09/16 視力と目のピント 目がいい人と悪い人の「目の形」の違いとは?

 俗にいう若い時に目がいいとは、目のピントが正視(聞きなれないと思いますが、最も標準的な目の状態)と軽い遠視のことです。目が悪いとは近視と乱視のことです。乱視は難しいので別の機会に説明します。  

 正視とは遠くにピントが合っていること、近視とは近くにピントが合っていること、遠視とはどこにもピントが合っていないことです(?遠視についても別の機会に説明します。)

 では、正視、遠視、近視はいったい何が違うのでしょうか。その違いのほとんどは、目の奥行きの長さが違うことが原因です。遠視は目の奥行きが短く、近視は目の奥行きが長いのです。

 近視というのは目の性能が悪いわけではなく、身長の高低が人により違うように、単に目の長さが違うということになります。メガネなどでピントを調節すると見えますので、近視の方も医学的には目は悪くないですので、どうか悲観されないでください。 ただし、強度の近視の場合は、目の奥に病気をおこすリスクがそうでない場合よりも高いと言われてますので、少し注意が必要です。

 次回は、「遠視はどこにもピントが合っていないのになぜ見えるのか」というテーマです。

   編著 下関市 まつもと眼科 眼科専門医 松本博善

WEB順番受付はこちら
WEB順番受付はこちら