院長ブログ

DOCTOR’s BLOG

2019/09/24 目の基礎知識 目がいい人と悪い人の違いは?[その2] 調節力と老眼

  正視(ピントが遠くに合っている)と遠視(どこにもピントが合っていない)の方は、若い時は遠くから近くまで見えると、前回お伝えしました。そのわけは、目のピントの「調節力」があるからです。調節力とは、目の中の筋肉(毛様体筋)を収縮させ、水晶体の厚みを変えることで目のピントを変えるはたらきです。

  目のピントの「調節力」は、自分の目の形で決まっているピントの距離よりも、近くだけにピントを合わせることができます。その働きにより元々遠くが見える正視の方は近くまで、元々どこにもピントが合っていない遠視の方は遠くから近くまでピントを合わせることができるのです。それに対して近視の方は、遠くにはピントを合わせることができず、遠くはメガネがないと見えないということになります。

  ところが40歳をこえるとその調節力が徐々に弱くなっていき、60歳くらいでほとんどなくなります。ですから、元々目が良かった正視の方は老眼鏡(近く用のメガネ)が必要になり、遠視の方は遠く用のメガネと老眼鏡が手放せなくなるのです。さらに正視の方も加齢により遠視になっていくことが多いので、目の良かった方の多くは、遠く用と近く用のメガネが必要になります。年をとるとほとんどの方でメガネが必要になるということです。