院長ブログ

DOCTOR’s BLOG

2020/12/17 眼精疲労 眼精疲労とは?<その3>かくれ斜視で目が疲れる?

 目が原因となる眼精疲労(疲れ目、目の奥の痛み、頭痛、首のこり、肩こり)は第二に、目の向きの問題があります。目の向きは、専門用語では「眼位」といいます。目の向きはじつは、睡眠中など完全にリラックスした状態では少し外を向いています。両目でものを見るときは、目の向きが少し内側を自然に向くようになっています。さらに近くのものを見るときは目の向きを内側に寄せて(輻輳:ふくそう)見ています。正常の場合は左右の目が同じところを見ており、「正位」といいます。この状態で左右の目が違うところを見ていることを「斜視」といいます。

 最も多い斜視は、外斜視で、リラックスした状態の目の向きが普通よりさらに外を向いている状態で、ほぼ子供のころからあります。普段は自分で調節していますが、時々外斜視になる方を「間欠性外斜視」といい、いつも外斜視になっている方を「恒常性外斜視」、片目を隠したときにだけ外斜する方を「外斜位」といいます。問題は、あまり自覚症状がない、間欠性外斜視と外斜位の方です。これらの方は、無意識に目の筋肉を酷使して、目を内側に寄せてものを見続けていますので、眼精疲労の原因になりやすいです。対処法は、プリズムメガネ(目の向きを整える)などです。プリズムメガネの処方は難しく、メガネ屋さんによっては対応しているところもあるようですし、眼科でも対応していないところもあるようです。

WEB順番受付はこちら
WEB順番受付はこちら