お電話でのお問い合わせ

HOME > 診療案内

診療案内

受付写真まつもと眼科は山口県下関市東駅で白内障手術などに実績のある眼科です。 院長は大学病院、総合病院部長などでの経験に基づき、白内障手術はもとより、 硝子体手術(黄斑手術)など難易度の高い手術にも精通しております。
※当院の手術はすべて院長の執刀です


院長プロフィールはこちらから


白内障手術についてはこちらから

診療内容「眼科全般」

白内障手術 日帰り手術が可能です。目薬の麻酔だけで痛みはなく、目に問題がなければ、手術時間は10分程度です。最新の多焦点レンズ(先進医療対応)、乱視矯正のトーリックレンズまで対応しております。院長の診療経験と執刀経験により、手術の難しい白内障にも対応できます。

網膜硝子体手術 (厚生省指定の難度の高い手術) 黄斑上膜、黄斑円孔、糖尿病網膜症、硝子体出血などの手術が日帰りで可能です。
緑内障手術 当院は最新のスーチャートラベクロトミー(目に負担の少ない線維柱帯切開術)を日帰りで施行しております。
レーザー治療 最新の緑内障レーザー(線維柱帯形成)を導入しました。 網膜裂孔、糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞、後発白内障など
新しい薬物療法 加齢黄斑変性、糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞など今まで薬の治療が難しかった疾患に対して、薬の治療ができるようになりました。
まぶたの治療 特に高齢者の眼瞼下垂、逆まつげ、ものもらい、めいぼ などの手術、眼瞼けいれんに対するボトックス注射ができます。
涙・ドライアイの治療 内視鏡を用いたチューブ挿入、涙点プラグ、その他の目の違和感に対する治療に力を入れています。
小児眼科 結膜炎、ものもらい、めいぼ、斜視、近視、遠視、乱視、弱視などの診療をしています。新しい診断法、治療法も取り入れております。
コンタクトレンズ診療 コンタクトトラブルに対して細かい対応を心がけています。 遠近両用コンタクトレンズのサンプルを数多くそろえております。
ロービジョンケア 当院は厚生労働省が認定するロービジョンケアに対応した施設です。目の病気により視力や視野に障がいが残った方が、できるだけ生活に不自由が少なくなるように、補助具の選択などのお手伝いをしております。

診療日・時間

8:30~11:45
14:00~17:00 ※手術 ※手術 ※休 ※休

空いている日が多いです混雑が予想されます非常に混雑が予想されます

※あくまで目安です

休診日/日・祝 手術日/火曜・水曜午後
※受付時間は直接病院へお問合せください。※土曜日午前は不定休ですので、確認の上ご来院ください。※新患の方、コンタクト初めての方は検査説明に時間がかかりますので、診療時間の30分前には受付してください。


診療方針

患者さん一人ひとりの生活を大切にする医療を目指します。

治療方針は病名の違いだけで変わるものではありません。たとえば白内障の場合、患者さん一人ひとりが毎日の生活において、どのような場面(仕事、車の運転、趣味、普通の日常生活等)において、特に視力を必要としているかによって治療方針は異なるはずです。また、その程度や手術の難易度によって、早く手術をしたほうがいいのか、まだしなくてもいいのか、手術を実施する時期は大きく変わるということもあります。

良質で最先端の医療を目指します。

学会への出席、論文検索などによる情報・知識の収集・蓄積、これまでの治療結果の分析、先端医療機器の導入、などにより、良質で最先端の医療を常に提供し続けるよう、心がけていきたいと考えています。

患者さんの負担を軽減する医療を目指します。

診療の過程を大事にし、診療により起こってくる様々な負担(精神的、肉体的、時間的、経済的等)をなるべく軽減できるように努力したいと考えています。

他の専門医療機関との適切な連携を目指します。

医療は高度に専門化しつつあります。高次の専門医療機関での治療が最善と考えられる場合は、躊躇なく相談し、連携したいと考えています。また、目の病気は糖尿病、高血圧などの全身疾患により起こるものが多数あります。内科の先生とも連携して、治療にあたりたいと思います。


医療機器の紹介

白内障・硝子体手術装置(ニデック社CV24000)

白内障・硝子体手術装置(ニデック社CV24000)

通常の白内障だけでなく、手術の難しい白内障や、厚生労働省指定の難度の高い手術とされる硝子体手術(糖尿病網膜症、黄斑上膜、黄斑円孔など)を施行できるように、新たに導入しました。

光干渉断層計(目のMRI)(ニデック社RS3000)

光干渉断層計(目のMRI)(ニデック社RS3000)に更新しました

従来の黄斑疾患の診断が可能なだけでなく、最近話題の緑内障の早期発見を補助する機能を持つ最新機種に更新しました。

眼軸長測定装置(Zeiss社 IOLマスター)

眼軸長測定装置(Zeiss社 IOLマスター)

白内障手術では、水晶体の濁りを取った後に入れる人工レンズの度数の選択が非常に重要です。従来の機器では一定の割合で度数ずれが起こり、患者さんの満足度を低下させてしまいます。この度数のずれを最小限にするための最新機器を導入することで、より満足度の高い白内障手術をめざします。

レーザー光凝固装置(トーメー社グリーンレーザー装置、アルコン社YAGレーザー装置)

レーザー光凝固装置(トーメー社グリーンレーザー装置、アルコン社YAGレーザー装置)

糖尿病網膜症、網膜裂孔、網膜静脈閉塞症などに有効な装置で以前から導入しています。

  • 白内障手術について
  • 患者様の声
  • 手術を受けられた感想
  • スタッフブログ
  • 採用情報
  • 質問にお答えします

医院のご案内

医療法人 まつもと眼科
医療法人 まつもと眼科

〒750-0046
山口県下関市羽山町4-1
TEL.083-228-5555

医院紹介/院長プロフィール

アクセスマップ

東駅バス停留所・徒歩2分

アクセスマップ

  • 日本眼科学会
  • 加齢黄斑ドットコム
  • 日本眼科学会