院長ブログ

DOCTOR’s BLOG

カテゴリー

年間アーカイブ

目の病気について、普段の診療で感じたことを、書いていきます。

カテゴリー

2019/08/16 眼科ではなぜ視力検査をしたがるの?

目のはたらきで最も大切なこと、それは見えることです。きちんと見えているかを検査するのが視力検査です。見えているかどうかは自分が一番分かっているから、視力検査は必要ないと思われる方も多いと思います。しかし、正常な視力があるかどうかの判定は、実はとても難しいのです。何故かといいますと、目の形には人それぞれ個性があり、一人ひとりメガネの度数が違うように、違ったピントを持っています(詳しくは別の機会に)。前回お伝えしたように、目のピントをメガネで補正してみないと、目の病気があるかどうかわからないのです。眼科で重視しているのが、メガネで遠方の距離(当院では3m)にピントを合わせた時の最高の視力です。これが目の能力(今風に言うと目の解像度でしょうか)で、1.0以上であれば正常、1.0未満であれば視力に影響がある目の病気が疑われることになります。ということで、視力検査は大事なので、嫌がらずにうけていただきたいと思います。

2019/08/14 視力の低下はメガネですべて解決する?

患者さんが目の病気で視力が下がったときに、メガネで何とかなりませんか?と聞かれることがよくあります。目はカメラと同じようなつくりになっていますので、目が見えにくい原因をカメラに例えて、考えてみましょう。

カメラがきれいに撮れない原因は、①ピントが合っていない、②レンズが曇っている、③フイルムがダメになっているの3つが考えられます。①ピントが合っていない場合は、目ではメガネやコンタクトレンズをすれば見えるようになります。しかし、②レンズが曇っている場合は、カメラではレンズを拭けば見えるようになりますが、目の病気では白内障などがありますが、治療には手術が必要ということになります。③フイルムがダメになっている場合は、カメラではフイルムをかえればいいですが、目の場合、網膜、視神経は脳神経と直接つながっており、取り換えることはもちろんできませんし、一旦傷をおってしまうと元通りに戻らないことも多いです。

ということで、メガネで解決するのは、①のピントの異常だけで、その他の病気は、メガネでは解決しないということです。眼科医の仕事は主に、メガネで解決しない目の病気を治すということになっています。「視力の低下がメガネですべて解決するわけではない」が正解です。